時計と時計屋と英会話 

マニアックな中古時計・アンティークウォッチの買取・販売・修理のお店“ケイアイウォッチ”アラフォー女性店長カネゴンのブログ。毎週水曜日&土曜日更新。
<< 年末に考えることと買取状況 | main | 年末年始の出来事と買取状況 >>
親子げんか
0

    ---------------------------------------------------------------

    時計初めてのお客様へ時計

    マニアックな中古時計・

    アンティークウォッチ 買取・修理・販売のお店

    “ケイアイウォッチ” 女性店長のブログです女性

    アラフォー、あだ名はカネゴン怪獣

    金子時計店の長女です。

     

    http://ki-watch.com    mail@ki-watch.com

    ---------------------------------------------------------------

     

    お恥ずかしい話ではありますが、つい2~3日前、金子時計店の父と大喧嘩しました冷や汗

    原因は「時計時計

    父はとても温和で何に対してもめったに怒ることはありません。

    私も今までにたったの2回しか怒られたことがありません。

    そんな父が激怒するくらい言い合いました。

     

    見かねた主人が中に入ってくれて無事解決、お互いに納得して終わらせることができました。

    父を傷つけてしまいました。言い過ぎたことを謝りましたごめんなさい

     

    そんな中、先週読んだ佐々木圭一さんの『伝え方が9割』に書かれていたこの文章を思い出しました。

    著者が提案する伝え方の技法のひとつにギャップ法というものがあり、

    そのギャップ法を利用した言葉の中で筆者が最も心を揺さぶられたとものとして紹介されていました。

    ボブ・ムーアヘッド牧師の説教をジョージ・カーリン↓というアメリカのコメディアンが引用し友人へ贈ったものと言われています。

     

    とても有名な本なのでご存知の方は多いと思いますが、ここでも引用させていただきます。

     

    ジョージ・カーリン

     

    ---------------------------------------------------------------

    この時代に生きる 私たちの矛盾

     

    ビルは空高くなったが 人の気は短くなり
    高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
    お金を使ってはいるが 得る物は少なく
    たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている
    家は大きくなったが 家庭は小さくなり
    より便利になったが 時間は前よりもない
    たくさんの学位を持っても センスはなく
    知識は増えたが 決断することは少ない
    専門家は大勢いるが 問題は増えている
    薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

     

     

    飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく
    猛スピードで運転し すぐ怒り
    夜更かしをしすぎて 起きたときは疲れすぎている
    読むことは稀で テレビは長く見るが
    祈ることはとても稀である
    持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている
    喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

     

     

    生計のたてかたは学んだが 人生を学んではいない
    長生きするようになったが 長らく今を生きていない
    月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない
    世界は支配したが 内世界はどうなのか
    前より大きい規模のことはなしえたが より良いことはなしえていない

     

     

    空気を浄化し 魂を汚し
    原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない
    急ぐことは学んだが 待つことは覚えず
    計画は増えたが 成し遂げられていない
    たくさん書いているが 学びはせず
    情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのに
    コミュニケーションはどんどん減っている
    ファーストフードで消化は遅く
    体は大きいが 人格は小さく
    利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている
    世界平和の時代と言われるのに 家族の争いはたえず
    レジャーは増えても 楽しみは少なく
    たくさんの食べ物に恵まれても栄養は少ない
    夫婦でかせいでも 離婚も増え
    家は良くなったが 家庭は壊れている

     

     

    忘れないでほしい
    愛するものと過ごす時間を
    それは永遠には続かないのだ
    忘れないでほしい
    すぐそばにいる人を抱きしめることを
    あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 1円もかからない
    忘れないでほしい
    あなたのパートナーや愛する者に「愛している」と言うことを 心を込めて

     

     

    あなたの心からのキスと抱擁は
    傷をいやしてくれるだろう
    忘れないでほしい
    もう逢えないかもしれない人の手を握り
    その時間を慈しむことを
    愛し 話し あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう

     

     

    人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
    どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

     

     

    ボブ・ムーアヘッド 原作
    佐々木圭一 訳

    ---------------------------------------------------------------

     

    言葉のプロが選ぶだけあって心揺さぶる感が尋常ではありません。

    途中、心当たりがありすぎてズキンズキンとくるものがあり、

    最後は久しぶりに本を読みながらジ〜ンとなりましたなく

     

    こういうことは忘れがちなのでたびたびこの言葉を見直して、

    来年は、家族や大切な回りの人たち、応援して下さるお客様たち、

    今まで以上に大切にしていきたいと思いました。

     

    今年のブログの更新は今日で最後となります。

    皆様、今年一年お疲れさまでした!

    今年9月末に開設して以来、たくさんのお客様に「ブログ見てます!」と言って頂き励みになりました。

    コメントもとても嬉しかったです!

    文章を書くことに自信がなく拙い文章にもかかわらず、ご覧いただきありがとうございましたありがとう

    また来年もご覧いただけますと大変嬉しいです。

    来年もよろしくお願い致します。

     

    楽しい休暇をお過ごしくださいにこにこ

     

     

     

    | カネゴン | ちょっと脱線 | 00:33 | comments(2) | - |
    そうですか…金子父さんが怒りましたか。ボクも父と30年ばかり一緒に働いていました(業種は違います)。特に仲が良かった訳でもなく、悪かった訳でもありません。でもボクが25歳の時に「うちで働かないか」と誘い、ボクも「まぁいいか…」で30年です。だんだん父が歳をとり、最後の10年は偉い(ボクはそうも感じなかったですが、まわりの人達の尊敬を集めていました)老父を最後まで助けてやろうと思って、独立せずに父70歳の時に引き継ぎました。父は黙ってハンコも何もボクに渡して、あとは事務所に来るものの何も口出しをしなくなりました=信頼してくれているのが嬉しかったです。そして80歳で亡くなりました。最後まで「お前の考えていることはサッパリ分からない」と言っていましたね。
    それで良いと思っています。
    | N☆GY | 2017/12/31 2:12 AM |
    N☆GY様、いつもコメントいただきありがとうございます!
    周りの方の尊敬を集めて、最後までお仕事を全うされたお父様、立派でいらっしゃいますね!
    多くを語らず黙って見守っていてくれている感じが私の父と似ているなと思います。
    父のことを尊敬していますが、考えが違う点などが少しあって、それが気になっていました。
    多くのことを分かりあって、同じ考えになる必要はないのですね、そう思うと楽になります。

    | カネゴン | 2018/01/01 12:15 AM |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE