小さな時計屋のアラフォー女性店長 金子のブログ

マニアックな中古時計・アンティークウォッチの買取・販売・修理のお店ケイアイウォッチ&金子時計店。
<< 仕事をしてお金を稼ぐのは手段、では目的は何ですか? | main | 羽生結弦選手に着けて欲しい時計 >>
ヘルムート・ジンさんに追悼の意を表して〜Sinnとの思い出
0

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

    ---------------------------------------------------------------

    時計初めてのお客様へ時計

    マニアックな中古時計・

    アンティークウォッチ 買取・修理・販売のお店

    “ケイアイウォッチ” 女性店長のブログです女性

    金子時計店の長女、

    国家資格・2級時計修理技能士取得。

     

    ノモスやエポス、オーガストレイモド、レビュートーメン、

    オリエントなどのマニアックな時計、セイコーやオメガなどの

    アンティークウォッチの買取が一番の喜びです。

     

    ツイッター小さな時計屋のアラフォー女性店長

    ホームページケイアイウォッチホームページ 

    ホームページ金子時計店ホームページ

    メールmail@ki-watch.com

    ---------------------------------------------------------------

     

    2018年2月14日にSinnの創業者であるヘルムート・ジンさんがお亡くなりになりました。101歳でした。

     

    Sinnヘルムート・ジン

     

    この訃報でショックを受けたのと同時に、20代の頃のSinnとの思い出がぶわぁっとよみがえってきました。

    24歳、福岡の時計店で働いていて頃、Sinnの時計に魅せられて103を買ったことがあります。

    当時のこのカタログを見て選びました。

    大きさとか質感とか関係なく(値段は少し関係しました^^;)Sinnの時計哲学に心奪われて、

    ただただSinnの時計が欲しいと思い試着もせずに購入。

    案の定女性には大きすぎるくらいでしたが、革ベルトに穴を開け手首からはみ出るくらいのSinnを毎日着けて喜んでました。

    時計店に行けば「女性でSinnって珍しいですねぇ、かっこいいですねぇ。」と言って頂き、それがとても嬉しくてそれを言われたくて、Sinnを着けて時計店めぐりをしていた記憶があります(^^ゞ

    東京に引っ越して受けた時計店での面接。

    『好きな時計はジンです。』

    と履歴書に書き、Sinnをつけて面接に行きました。

    「Sinnが採用の決め手だったよ。」と後々店長が話してくれました。

    *SinnをJinnと書いていたようで、面接でスペルミスを指摘された時は「落ちたー!!」と思いましたが(>_<)

     

    Sinn103

     

    毎日毎日このカタログを見て、こんな写真を見て興奮していました(^^ゞ

     

    Sinnカタログ

     

    その時計店で働いている時。

    当時付き合っていた今の主人がSinnの時計を買いに来てくれました。

    おそろいでSinnの時計が欲しいのと、私の売り上げのためにも・・と言って仕送りなしの貧乏学生だったにも関わらずバイト代をためてSinnを買ってくれました。

    それがこのSinnです。昨日思い出に浸りたくて主人のSinnを借りて出かけました。

    いつ見てもシュッとしててかっこいい。

     

     

    ジンさんは90年代半ば頃Sinn社を売却し、ギナーンというブランドを立ち上げました。

    Sinn/ジンさんの時計哲学がここでも引き継がれています。

    パイロット時代の経験と万感の思いを込め、「全力で今を生き抜く男たちのために」時計の本質的価値を追求した『GUINAND』をジンさんは亡くなる直前まで作り続けていました。

    ジンさんの100歳を記念して制作された時計も発売されていました。

     

    ヘルムート・ジンギナーン

     

    ギナーン限定

    *出典 南雲時計店

     

    インタビューにおいてジンさんはこう答えられたそうです。

    「ジン氏の時計には、他にはない強い想い(魂)が込められていると言うか、祈りのようなものを感じます。あなたは、なぜ今もなお時計を作り続けているのですか?」

    「時計作りは我が人生と我が情熱の形なのです。」 

     

    お亡くなりになる数日前にたまたまSinnの244tiをアップして、すぐにご購入いただき喜んで頂けたのも、いちSinnファンとしてSinnとご縁がある証拠であり、虫の知らせだったのかもしれません。

    「時計と人生への情熱を失うなよ」と、最後にジンさんからメッセージをいただけたような気がしています。

     

    Sinn244ti

     

    ■パイロット〜時計作りへのジンさんの人生は、このサイトが一番良く書かれています→http://www.guinand-watch.jp/about2.html

     

    ■クロノスの広田さんの記事も別の広い目線から書かれておりグッときます→https://www.webchronos.net/blog/18828/

     

    | 金子時計店&ケイアイウォッチ | 時計について | 14:12 | comments(2) | - |
    そうですか…Sinn 103B & EMZ-3はずっと以前(20年近く前)に買った時計で、どちらも頑丈な良い時計です…当時はドイツウオッチは定格の割にずいぶんスイス物に比べて安かった印象があり、Sinnだけではなく、NOMOSやMax Billを買い集めたものです。
    Sinnはなんとなくダースベーダーをイメージしていました。
    | N☆GY | 2018/02/19 8:49 AM |
    N☆GY様、いつもコメントいただきありがとうございます!返信が遅くなり申し訳ございません。Sinnお持ちだったなんて存知あげず、意外でもありました。ダースベーダーとおっしゃるのも何となくわかる気がします^^今やドイツ時計もそれなりに定価上がってしまいましたが、品質やスイス製のブランドと比較すると良心的なお値段かと思います。またジンさんのような情熱と信念を持った方がドイツ時計をプロデュースされないかと期待しています。
    | カネゴン | 2018/02/21 1:16 PM |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 36000振動の時計-国産アンティークとエルプリメロ-
      カネゴン (07/27)
    • 36000振動の時計-国産アンティークとエルプリメロ-
      AKIRA28 (07/25)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      小谷 (07/24)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      カネゴン (07/24)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      小谷 (07/23)
    • アラフォー店長、時計を買う。
      カネゴン (07/19)
    • アラフォー店長、時計を買う。
      服部聖子 (07/19)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      カネゴン (07/10)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      服部聖子 (07/10)
    • Youtube動画-アラフォー店長が考えるドイツ時計の良さ-
      カネゴン (06/25)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE