小さな時計屋のアラフォー女性店長 金子のブログ

マニアックな中古時計・アンティークウォッチの買取・販売・修理のお店ケイアイウォッチ&金子時計店。
<< 羽生結弦選手に着けて欲しい時計 | main | うちが世界最古の時計ブランドです!いや、うちがうちがうちが・・ >>
謎を解く鍵はダービー&シャルデンブランの女性元社長?
0

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

    ---------------------------------------------------------------

    時計初めてのお客様へ時計

    マニアックな中古時計・

    アンティークウォッチ 買取・修理・販売のお店

    “ケイアイウォッチ” 女性店長のブログです女性

    金子時計店の長女、

    国家資格・2級時計修理技能士取得。

     

    ノモスやエポス、オーガストレイモド、レビュートーメン、

    オリエントなどのマニアックな時計、セイコーやオメガなどの

    アンティークウォッチの買取が一番の喜びです。

     

    ツイッター小さな時計屋のアラフォー女性店長

    ホームページケイアイウォッチホームページ 

    ホームページ金子時計店ホームページ

    メールmail@ki-watch.com

    ---------------------------------------------------------------

     

    かなりレアなコモール(Comor)の時計が入荷しました。

    日本ではフィリップデュボワ&コモールとしての方が知られています。

    コモールの時計について詳しく知りたくなり調べているとある意外な接点を知りましたが、

    情報が少なく謎も残る結果となりました。

     

     まずコモール(Comor)という時計について。

    コモールの創始者アドルフ氏がかかげたコモール社の社訓:

    細かく優れた技術を犠牲にして手抜きな製作や簡単な方法に逃げるな。

     

    1969年 アドルフ エル ベンツ氏(Dr.Adolf L.Benz 1924-1992)によって設立。

    1992年 アドルフ氏の死後、

    後にダービー&シャルデンブランの社長となるシネッテ・ロベール(Cinette Robert)が全株購入。

     

    2009年、シネッテ・ロベール氏ご本人のインタビュー記事で、1992年にアドルフ ベンツ氏が亡くなったことにより、

    以前働いていたコモールの株を全株購入したと書いてあります。

    アメリカの情報によると2009年にコモールを買収と書かれている記事もありましたが、

    これはご本人が受け答えされているインタビューなのでこれを事実として受け取りました。

    また、ダービー&シャルデンブランを売却され時間があるので、

    コモールにあるたくさんの古い在庫を自分のペースで修繕したいともおっしゃっています。

    古い在庫はシネッテさんが自由にできたようです。

     

     

    シネッテ・ロベール

     

     

    別のインタビュー記事では1985年にマセイ ティソを辞めてビンテージウォッチビジネスをやり

    1995年にダービー&シャルデンブランを買ったと

    また、コモールの株を買ったであろう1992年もビンテージウォッチのビジネスをされていてしかも好調だったと書かれています。

    こちらの記事ではコモールに触れず。

     

    コモールとダービー&シャルデンブランは以前からも関わりがあったようで、

    コモール×ダービー&シャルデンブランの時計も作られています。

     

    コモールのことを調べていて偶然にもダービー&シャルデンブランを購入しCEOとなったシネッテ ロベールさんがコモールのオーナーでもあった事実を知りました。

    1995年、ドゥボワー社がコモール社とビューレン社を買収しドゥボワーとの三社の販売を任せる企業、シュワイザー・ウレン社を立ち上げました。

    もしかしたらその時にシネッテさんは株を手放したのかもしれません。1995年はダービー&シャルデンブランを購入した年でもあるのでつじつまが合います。

     

    コモールも入ったシュワイザー・ウレン社は希少価値の高い限定時計を作りだすことで時計コレクターさんたちの間で評判となり、

    日本では石岡商会さんを通してフィリップ・ドュボアとコモールが輸入されました。

    今回入荷した時計も石岡商会さんを通して販売されています。

     

    コモール

    *ミステリアスなコモールの時計。

    これと全く同じ作りで文字盤デザイン違いの時計が

    フィリップ・デュボワーからも発売されています。

    ↓デュボワー社によってオークションにかけられたデッドストックの金額が約35万円。

     

    ダービー

    *当時教科書のように読んでいたダービー&シャルデンブランのカタログ。

    小冊子みたいで内容濃いです。

    このクッションケースのもモデルを本気で買おうと考えてました。

    *今もほれぼれするフィリップ・デュボワー

    ラジューペレCal.736.7。

     

    あまり馴染みのないコモールという時計と、2000年代、個性に惹かれたダービー&シャルデンブラン、

    金子時計店の在庫を見ては「なんて美しい時計なんだろう。」と心酔していたフィリップ・ドュボワー。

    当時、全く接点がないと思っていた3つのものが点と点で繋がりました。

    スイスではこのように時計メーカー同士の株式売買や買収などが盛んで、わりと近いもの同士行われているそうです。

    | 金子時計店&ケイアイウォッチ | 時計について | 23:52 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 36000振動の時計-国産アンティークとエルプリメロ-
      カネゴン (07/27)
    • 36000振動の時計-国産アンティークとエルプリメロ-
      AKIRA28 (07/25)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      小谷 (07/24)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      カネゴン (07/24)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      小谷 (07/23)
    • アラフォー店長、時計を買う。
      カネゴン (07/19)
    • アラフォー店長、時計を買う。
      服部聖子 (07/19)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      カネゴン (07/10)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      服部聖子 (07/10)
    • Youtube動画-アラフォー店長が考えるドイツ時計の良さ-
      カネゴン (06/25)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE