小さな時計屋のアラフォー女性店長 金子のブログ

マニアックな中古時計・アンティークウォッチの買取・販売・修理のお店ケイアイウォッチ&金子時計店。
<< 謎を解く鍵はダービー&シャルデンブランの女性元社長? | main | 時計屋の嫁の厳しすぎる選定 >>
うちが世界最古の時計ブランドです!いや、うちがうちがうちが・・
0

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

    ---------------------------------------------------------------

    時計初めてのお客様へ時計

    マニアックな中古時計・

    アンティークウォッチ 買取・修理・販売のお店

    “ケイアイウォッチ” 女性店長のブログです女性

    金子時計店の長女、

    国家資格・2級時計修理技能士取得。

     

    ノモスやエポス、オーガストレイモド、レビュートーメン、

    オリエントなどのマニアックな時計、セイコーやオメガなどの

    アンティークウォッチの買取が一番の喜びです。

     

    ツイッター小さな時計屋のアラフォー女性店長

    ホームページケイアイウォッチホームページ 

    ホームページ金子時計店ホームページ

    メールmail@ki-watch.com

    ---------------------------------------------------------------

     

    先週フィリップドゥボワーについて調べているとき、流れで世界最古の時計メーカーについて書かれている記事がいくつかあり大変興味を持ちました。

    世界最古の時計メーカーと言われているのが皆様ご存知の通り「ブランパン(創業1735年)」と「ヴァシュロン・コンスタンタン(創業1755年)」。

    「世界最古の時計ブランド」で検索すると、どちらもヒットします。

    また、どちらのメーカーも「弊社が一番古い時計メーカーです。」とおっしゃっています。

    海外ではそこにフィリップ・ドゥボワーが加わり、その3社で「最古の../Oldest..」という修飾語が使われていました。

    ブランパンやヴァシュロンなどのメジャー時計メーカーについてはすでにたくさんの記事がありますので、今回私はフィリップ・ドゥボワーについて調べてみました。

     

     

     

    まず最古と申しますと、ジョン・ハリソンのようにブランパン以前から存在するメーカーがあると言われることがありますが、

    最古の・・と名乗るにあたって「創業年が証明可能な現存するブランド」という定義があるようで、その時点でブランパン以前のメーカーは当てはまらなくなります。

     

    40年くらい前からスイスでもどこが最古の時計メーカーかという論争がおこなわれていました。

    実際に、ドゥボワー(正確にはドゥボワー社の前身)は1751年に時計の製造を開始したことが証明されており、

    ヴァシュロンよりも4年も古いという主張で、約30年前にヴァシュロンと法的な争いになっています。

    一時期ヴァシュロンがドゥボワーに世界最古の・・という修飾語を使うことを禁止しようとしましたが、

    争いの結果、ヴァシュロンはドュボワーが「世界最古の時計製造工場をもつ時計メーカー」という肩書を使うことを許容するよう言われました。

     

    そこでなぜドゥボワーのロゴが1785となっているのか疑問がわきますよね。

    いや私も言われて初めて気がつきましたが・・(^^ゞ

    これは、前述で正確にはドゥボワー社の前身と書いたこととつながります。

    ドゥボワー社現CEOのThomas Steinemann氏によりますと、

    「フィリップ・ドゥボワーの父であるMoise Dubois氏が1743年に時計ビジネスを開始したがその時はディーラーとしてだけだった。

    彼は1751年に時計製造所を作って時計の製造を開始したが、1785年に息子たちが正式にフィリップ・ドゥボワーを会社として登録したため、弊社は1785年が創業年となっている。」

    ということです。

     

    その1751年に時計製造所として使われた建物は今も残っており、ドゥボワー一族によって所有されています。

    今は主に宿泊所として使われているそうで、ここに一度泊まってみたい!という夢がひとつ増えました(*^_^*)

    これがその建物。Du Bois 1785 という文字があります。

    この時計製造所とドゥボワーとの関連が認められた=世界最古の時計製造工場を持つブランドとして認められたのです。

    フィリップ・ドゥボワー

    ドゥボワー公式動画。建物の中一部と資料の一部が公開されています。

     

    世界最古の肩書をもつ時計メーカー3社は今以下のように住み分けられています。

     

    ・時計ブランドとして一番古いのがブランパン。

    (Oldest Swiss Wstchmaking brand, 1735)

    *とにかく創業自体が古い。

     

    ・時計製造メーカーとして一番古いのがヴァシュロン・コンスタンタン。

    (Oldest Swiss Watch Manufacture, 1755)

    *ブランパンは一時休眠会社となっていますので、創業から現在まで時計を製造し続けているブランドとして一番古い。

     

    ・時計製造工場として一番古いのがフィリップ・ドゥボワー。

    (Oldest Swiss Watch Factory, 1785)

     

    どれかひとつを最古時計メーカーとして選ぶとすれば個人的にはヴァシュロンでしょう。

    何にしてもし続ける、継続するというのが一番大変で難しいと思うからです。

     

    肩を並べるくらい古い時計ブランドと言えば「ファーブル・ルーバ」があります。公式には創業が1737年。

    ファーブル・ルーバもクォーツショック時代、曖昧な時期がありヴァシュロンのようにし続けているとは断言できず、

    創業はブランパンより2年後ということで、世界で2番目に古いブランドと言われています。

    ファーブルルーバ公式サイトにもそう書かれています。

    1718年創業とも言える資料もあるようですがその資料が公式なものでなかったのか、

    ドゥボワーの1751年が認められなかったように1718年が認められなかったのか公式な創業は1737年とされています。

     

     

    この論争を見ていると、これだけのブランドが世界最古の・・という肩書を欲しがるということは、

    世界最古の・・という肩書がいかに魅力的で、マーケティングやブランディングにおいて有効かかがわかります。

    金子時計店も何かないかなぁ・・笑と考えてしまいました。

    最古はないとして、現存する時計店で日本で何番目?いや何十番目?に古い時計店になるのでしょうか?

    | 金子時計店&ケイアイウォッチ | 時計について | 14:33 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE