小さな時計屋のアラフォー女性店長 金子のブログ

マニアックな中古時計・アンティークウォッチの買取・販売・修理のお店ケイアイウォッチ&金子時計店。
<< 時計屋の嫁の厳しすぎる選定 | main | セイコー雫石のオーダーメカニカルウォッチのベースムーブを掘り下げてみました。 >>
グレイテストショーマンと、頭をよぎった時計
0

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

    ---------------------------------------------------------------

    時計初めてのお客様へ時計

    マニアックな中古時計・

    アンティークウォッチ 買取・修理・販売のお店

    “ケイアイウォッチ” 女性店長のブログです女性

    金子時計店の長女、

    国家資格・2級時計修理技能士取得。

     

    ノモスやエポス、オーガストレイモド、レビュートーメン、

    オリエントなどのマニアックな時計、セイコーやオメガなどの

    アンティークウォッチの買取が一番の喜びです。

     

    ツイッター小さな時計屋のアラフォー女性店長

    ホームページケイアイウォッチホームページ 

    ホームページ金子時計店ホームページ

    メールmail@ki-watch.com

    ---------------------------------------------------------------

     

    昨夜、こんな感じでグレイテストショーマンを観てきました。

     

     

    ネタバレになるかもしれませんので、これからご覧になるご予定の方は観終わった後にお読みください(^^ゞ

    映画館で映画を観るのは数年ぶりだったのですが...出不精夫婦を動かした動画がコレでした。

     

     

    ふくよかな女性が主題歌を歌うキアラ・セトル。

    彼女はプロのミュージカル女優ですが

    「この曲に抜擢されたとき怖くて逃げ出したくなった。

    今ももがいている、なぜならこの曲を歌うためには今まで目を逸らしていた自分の内面と向き合う必要があるから。」

    と後のインタビューで語っています。

    この動画は、この曲を歌うことが怖かったキアラが初めて人前で歌ったシーン。

    あまりにもできすぎていて仕込み?と思ったくらいですが

    仕込みでも自然なものでも人の感情を揺さぶる動画に間違いありません。

     

    This Is Me.日本語歌詞

    *グレイテストショーマンオフィシャルパンフレットより。

     

    私は暗闇を知っている

    言われた「隠れてろお前など見たくない

    私の傷は恥だと知った

    言われた「消えろ 誰もお前など愛さない」

    でも心の誇りは失わない

    居場所はきっとあるはず

    輝く私たちのために

     

    言葉の刃で傷つけるなら
    洪水を起こして、彼らを溺れさせる

    勇気がある 傷もある

    ありのままでいる

    これが私

     

    気をつけろ 私が行く

    自分でたたくドラムが伴奏

    見られても怖くない 謝る必要もない

    これが私

     

    心に弾を受け続けた

    でも撃ち返す

    今日は恥も跳ね返す

    バリケードを破り 太陽へと手を伸ばそう

    私たちは戦士

    戦うために姿を変えた

    心の誇りは失わない

    居場所はあるはず

     

    噂通りメッセージ性が強い映画でした。

     

    1800年代に実在した興行師、P.T.バーナムの半生をベースにしたストーリー。

    彼が作ったサーカスに所属する、世間から差別され侮辱され奇妙だと言われ疎外されていた人たちが

    自分の居場所や自信を確信し、自己受容するシーンにこの歌が使われています。

     

    「誰もが特別な一人。」

    「他の人がどういおうと関係ない。ありのままの自分自身でいる。」

    「自分を認めるのは自分。」

    「本当の自分を見せることを恐れない。」

    *グレイテストショーマンオフィシャルパンフレットより。

     

    それを証明するかのように地位も名声もお金も美貌もあるオペラ歌手が

    「Never Been Enough〜」(満たされない)と歌う姿が対照的に映されていました。

    人がうらやむようなものを何もかも手に入れたって、自分で自分のことを認められなかったら何もないも同然です。

     

    何もかも失くしたバーナムに、それまで酷評していた娯楽評論家がバーナムのサーカスを

    身体の大きさも、見た目も、生まれも年齢も性別も人種も関係ない、ひとつのリングに上がって平等になる。

    まさに「The Cereblation Of Humaniy」と言って高評価しました。

    この言葉がとても印象的に残っています。

     

    そしてこの流れは現実の世界にも現れてきています。

    先日のアカデミー賞授賞式。

    主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドが受賞スピーチで「Inclusion Rider」という言葉を残し話題になっています。

    Inclusion Riderとは、俳優が出演契約をする際に

    その作品のキャストや制作スタッフの中に女性や有色人種、障がいがある人といった

    立場の弱い人々をある程度の割合で含めることを求める条項のことを指す言葉で

    役者が自分の出演作にキャストとスタッフの多様性を約束させることができるというものです。

     

    近年よく聞くキーワード「多様性」

    それは、映画やエンタメ界、アメリカだけではなく

    今まで人と同じでいるべき、人と同じでいることがいいと言われてきた日本にも

    金子みすずさんの「みんな違ってみんないい」の世界が少しづつやってきています。

    今までネガティブに捉えられていた、隠すべきだと考えられていた部分もさらけだし

    ありのままの自分を受け入れて、ありのままの他者も受け入れてそれが個性として輝く世界。

    それはLGBTの方たちの結婚が認められたり、フリーランスという職業形態の方たちが増えたり

    いろんな方面で少しづつ変ってきているように思います。

    これからどう変わっていくのか、どんな住みやすい世界になるのか、想像するとワクワクしてきませんか?

     

    この映画を観て頭をよぎった時計がボールウォッチのトレインマスターです。

    19世紀はまだ懐中時計の時代で、主人公のバーナムも蓋つきの懐中時計で時間を見るシーンが一、二回ありました。

    1800年代からアメリカで活躍していた時計として思いつくのがウォルサム、エルジン、そして当時鉄道時計だったボールウォッチ。

    設定の中でバーナムも鉄道会社で少し働いていたのでボールウォッチの印象が残りました。

     

    ボールウォッチ鉄道

     

    ボールウォッチ懐中時計

     

    その当時の鉄道懐中時計をベースに作られた時計がトレインマスターです。

     

    ボールウォッチトレインマスター

    ボールウォッチトレインマスター

     

    偶然かもしれませんがボールウォッチのミッションの中にも

    「自分らしくあれ。誰かの真似をするのではなく、自分自身のベストを目指そう。」

    というのがありました。

    今も昔も人間にとって大事なことはどこまでも「自分らしく。」なのかもしれません。

    | 金子時計店&ケイアイウォッチ | 時計について | 00:01 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 36000振動の時計-国産アンティークとエルプリメロ-
      カネゴン (07/27)
    • 36000振動の時計-国産アンティークとエルプリメロ-
      AKIRA28 (07/25)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      小谷 (07/24)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      カネゴン (07/24)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      小谷 (07/23)
    • アラフォー店長、時計を買う。
      カネゴン (07/19)
    • アラフォー店長、時計を買う。
      服部聖子 (07/19)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      カネゴン (07/10)
    • 【Youtube動画】補足-雨に打たれながら考えたダイバーウォッチ-
      服部聖子 (07/10)
    • Youtube動画-アラフォー店長が考えるドイツ時計の良さ-
      カネゴン (06/25)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE