小さな時計屋のアラフォー女性店長 金子のブログ

マニアックな中古時計・アンティークウォッチの買取・販売・修理のお店ケイアイウォッチ&金子時計店。
<< 時計の振り当たりってなん? | main | 2代目、3代目が事業を潰す? >>
お客様にお借りした時計と、同じお客様から買取した時計
0

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

    ---------------------------------------------------------------

    時計初めてのお客様へ時計

    マニアックな中古時計・

    アンティークウォッチ 買取・修理・販売のお店

    “ケイアイウォッチ” 女性店長のブログです女性

    金子時計店の長女、

    国家資格・2級時計修理技能士取得。

     

    ノモスやエポス、オーガストレイモド、レビュートーメン、

    オリエントなどのマニアックな時計、セイコーやオメガなどの

    アンティークウォッチの買取が一番の喜びです。

     

    ツイッター小さな時計屋のアラフォー女性店長

    ホームページケイアイウォッチホームページ 

    ホームページ金子時計店ホームページ

    メールmail@ki-watch.com

    ---------------------------------------------------------------

     

    お客様に教えて頂いた時計に興味を持ちお話ししていたら

    「お貸ししましょうか?」とおっしゃって頂いたので図々しくも送って頂きました。

    ありがとうございます!

     

    その時計は「DEFAKTO」

    お察しの通りドイツ時計です。ドイツ時計の特徴がグッと詰まっています。

     

     

    実際に手にした時の第一印象は時計本体のケースの作りが良いこと。

    「画像で見るよりケースがずっしりしっかりしてる!」でした。

     

    それもそのはず、調べてみるとDEFAKTOのオーナー兼製作者はドイツのケースメーカーイックラー社の4代目でした。

    彼のお名前も「ラファエル イックラー」さん。

    1924年にドイツで時計ケースメーカーとして始まったイックラー社は家族経営で今彼のお父様が3代目として経営されています。

    日本では、イックラー社の時計ブランド「リメス」がよく知られており

    もう少しマニアックにいくと「アルキメデ」もイックラー社の時計ブランドです。

    ドイツ時計ブランドは、SUG社かイックラー社どちらかのケースを使っていると言われています。

     

    文字盤はいわゆる引き算の美学。

    ドイツの言葉weniger aber besser」 =より少なく、しかしより良くを体現しています。

     

    機械は自動巻きだとETA2824かミヨタ9015、クォーツはロンダが入っています。

    ETAでも定価は85,000円くらいです。すごく良心的です。

     

    DEFAKTO社は、ほぼ彼一人で運営されています。たまに2歳の娘さんが手伝ってくれるんだとか(笑)

    デザイン、仕上げ、組み立て、防水検査、精度チェック、配送、お客様サービスなど全て彼が行なっています。

    そのため、一点一点に思い入れがあると言っています。

    私は彼を見たとき、第二のシャウアーだと思いました。

     

     

     

     

     

    自動巻きの裏蓋は基本裏スケですが、このお客様は普通の裏蓋に替えて頂いたそうです。

    個々の要望に柔軟に対応してもらえるのも小さなメーカーの良さでもあります。

    メッセージ「There is always light behind the clouds.」(意訳:止まない雨はない)が印象的です。

    裏蓋に名言を掘るっていいアイデアです。

     

    彼のインタビュー記事で可笑しかったのが、彼が作った時計を見てお祖母様が

    「もうみんな時計持ってるのに、誰がこの時計要るの?」

    とおっしゃって、彼は全ての人を喜ばせることはできないんだと悟ったんだそう(苦笑)

    私もケイアイウォッチを始める時、ホームページを作っていたら母に言われました。

    「誰もそんなに時計買わんよ、そげん売れんよ。」

    一族に一人は否定的な(よく言えば現実的?)な人がいるようです。

     

    全部で7種類、最近流行りのブロンズケース仕様もあります。

    おもしろいのは全ての時計日付なし、さらにINKOGNITOという、ロゴなしバージョンがそれぞれのモデルにあることです。

    7種類とも、ロゴありかロゴなしか選べます。

     

     

     

     

    数年前代理店がついたこともあるようですが、今は日本に輸入されていません。

    代理店がついて、日本に輸入される日が待ち遠しいです。

     

    https://www.defakto-watches.com/

     

    そして今週このお客様に売却頂いた時計もまた珍しいものでした。

    珍しい時計ばかりお持ちのお客様です。こちらは、スイス製のヤンターとゆう時計です。

     

     

    確か建築士かデザイナーであるローランド ケラー氏によって設立されたブランドで、1998年〜2004年まで作られました。

    全てのヤンターブランドの時計は、12時位置に12、6時位置に24があるGMT表示です。

    TiCTaCが当時輸入していました。

     

    特にスイスやドイツには日本に入ってきていないブランドや、私たちが知らない時計がまだたくさんあります。

    なので、20代前半ピチピチだった頃の夢は「時計の輸入業」でした。

    *雑誌ドイツ腕時計 2017年10月発行より

    DEFAKTOもちゃんと載っています(^^)

    ここ最近、ショップ制の普及や、時計ブランドの日本法人設立が増えたことにより

    問屋さんや輸入代理店の中には、新しく取り扱う日本未入荷のブランドを探してらっしゃる所も増えています。

    これからどんな魅力的な時計が入ってくるのか楽しみです。

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

     

    | 金子時計店&ケイアイウォッチ | 時計について | 23:32 | comments(2) | - |
    ドイツ時計、いいですね〜(o^^o)
    ボクもある時期(高騰前)まではドイツ時計を集めていました…最初のノモスタンジェント・レギュラーが定価98,000+taxでした。それ以来、当時のノモスを全部、マックスビルを全部、それに金子時計店HPが始まって以来10数年かけて、目立たないようにリメスを1本ずつ計10本以上…ジャッケエトワールも5本、オティウムやアリスト、Sinn、チュチマ、ニヴエル…お世話になった時計たちです/半分冗談時計ですがマイスタージンガーも何本も持っていますよ(瑞穂で購入=もう時効)・・・クロノスイス4本は少し自慢です(ユーロパッションが代理店時代、社員に友人がいました=これも時効)。
    楽しいドイツ時計との時間でした。
    ノモスメトロを最後に欲しかったですが、ついにノモスジャパンとなりXとなりました。
    | N☆GY | 2018/04/12 7:44 PM |
    いつもコメントありがとうございます!ものすごい量と、ハイセンスなドイツ時計コレクションですね!ドイツ時計〜十数年間の軌跡としてミュージアムできそうなくらいです。品質が良く値段がお手頃なイメージがあったドイツ時計もメジャーどころは高くなってしまいました。高級路線に進路変更したいミドルクラスのドイツブランドもあるくらいで、ますます手が届かなくなりそうと思いきや、いまだにデファクトのようにこじんまりと良心的な価格で作られているメーカーもあるのか!と驚き、そしてほっとしました。日本のマニアックでお手頃価格の時計が好きな方たちのために、是非日本に輸入開始して欲しいです。マニアな方以外にも機械式入門編や、デザインで買うような若い方にも受け入れられそうな気もします。
    | カネゴン | 2018/04/12 7:55 PM |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE