小さな時計屋のアラフォー女性店長 金子のブログ

マニアックな中古時計・アンティークウォッチの買取・販売・修理のお店ケイアイウォッチ&金子時計店。
<< 昨年オーバーホールされているのに一日5分進む時計の修理実況。 | main | ガイヤの夜明け(高級時計戦争)を見ながら時計屋夫婦が話したこと。 >>
時計職人になるために、神田川の歌詞を体現した当店の技術者。
0

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

    ---------------------------------------------------------------

    時計初めてのお客様へ時計

    マニアックな中古時計・

    アンティークウォッチ 買取・修理・販売のお店

    “ケイアイウォッチ” 女性店長のブログです女性

    金子時計店の長女、

    国家資格・2級時計修理技能士取得。

     

    ノモスやエポス、オーガストレイモド、レビュートーメン、

    オリエントなどのマニアックな時計、セイコーやオメガなどの

    アンティークウォッチの買取が一番の喜びです。

     

    ツイッター小さな時計屋のアラフォー女性店長

    ホームページケイアイウォッチホームページ 

    ホームページ金子時計店ホームページ

    メールmail@ki-watch.com

    ---------------------------------------------------------------

     

    昨日から時計の仕入れで東京に来ています。

    東京と言えば最近また思い出したことがあります。

     

    今から15年ほど前。

    当店の技術者は時計職人になるために、奈良から東京へ出てきて時計学校へ通い始めました。

    彼の母親は公務員で安定志向、機械好きの長男にはトヨタの技術者になって欲しかったそうです。

    それが突然、時計職人になると言い出したもので当然大反対されました。

    説得の結果、高専を卒業したら行ってもいいと言ってもらい、一年休学しながらも約束通り卒業しました。

    時計学校の学費は出してくれましたが、家庭の事情で生活費の仕送りはゼロでした。

    学校は全日制のため、夜と休日のわずかなアルバイト代で家賃から食費まで全てまかないました。

     

    一番に切り詰めたのが家賃。

    今もあるのか分かりませんが、風呂無しの四畳一間の古いアパートに住んでいました。

    もちろんエアコンもなし。風呂無しなので毎晩近くの銭湯に通う日々。

    銭湯に間に合わなかった日は、台所の蛇口で頭を洗うと恥ずかしそうに言っていました。

    食費は、必ずまかない飯がある飲食店でアルバイトして節約しました。

     

     

    場所は井の頭線 富士見ヶ丘駅近く。

    近くには神田川が流れていて、その川沿いを歩いて銭湯に通ってました。

     

     

    二人で行った 横町の風呂屋
    一緒に出ようねって 言ったのに
    いつも私が 待たされた
    洗い髪が芯まで 冷えて
    小さな石鹸 カタカタ鳴った

    窓の下には 神田川
    三畳一間の 小さな下宿

    *神田川の歌詞より

     

     

    もちろん時代は平成です。

    彼は当時「俺、リアル神田川の世界やんか〜。」と言って笑っていました。

    なんて強い人なんだろうと思いました。

    自分の夢のために心折れずにここまでできる人は、このご時世あまりいないんじゃないかと。

     

    「そこまで頑張って職人になったのに、田舎の時計屋やる?」

    と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

    少なくとも当時は、時計学校を卒業したら、大手時計メーカーのサービスセンターに就職したいとゆう学生さんばかりでした。

    しかし、彼の夢は「小さな時計屋の店主になること。」でした。

    その後、いろんな時計を扱う修理会社さんに就職し→過去ブログ:時計師になるための修行

    こうやって金子時計店&ケイアイウォッチを一緒に運営してくれています。

    時計技術者になる夢も叶い、時計屋の店主もいづれ叶いそうです。金子時計店の店主として。

     

    彼はあの生活があったので、シャワーがある家に住めれば生きてるだけで幸せと言い、物やお金に執着もありません。

    「できた!」とオーバーホールや修理が完成した時の笑顔が一番嬉しそうで、私もその顔を見るたびに私も嬉しくなります。

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

    | 金子時計店&ケイアイウォッチ | ちょっと脱線 | 09:00 | comments(2) | - |
    「神田川」作詞者の喜多条さんは大阪の人でボクの友人のお兄さんです。
    ボクも似たような生活を2年ぐらいしましたが、それなりに楽しかったです。ボクの場合、田舎町の下宿だったので、その敷地の一角に、くだんの友人達と風呂場(小屋…)を建てました。
    | N☆GY | 2018/04/25 11:51 PM |
    N☆GY様、いつもありがとうございます!
    作詞家の先生とお知り合いとは驚きました。
    それに、N☆GY様のように今裕福に暮らされている方でも昔同じような境遇だったとおっしゃる方がいらっしゃって、それにも驚きました。
    義母は、「若い時の苦労は買ってでもしろ」とわざと仕送りしなかった感もあって、若い時の苦労についていはいろんな意見があるようですが、私は、する方がいいんだなと実感しました。
    | カネゴン | 2018/04/29 12:22 AM |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • フレデリックコンスタントが提案する時計とのコミュニケーション
      カネゴン (05/19)
    • フレデリックコンスタントが提案する時計とのコミュニケーション
      _zenken (05/18)
    • アラフォー店長ダイバーウォッチの接客-Youtube動画更新しました-
      カネゴン (05/18)
    • アラフォー店長ダイバーウォッチの接客-Youtube動画更新しました-
      N☆GY (05/16)
    • アラフォー店長ダイバーウォッチの接客-Youtube動画更新しました-
      カネゴン (05/15)
    • アラフォー店長ダイバーウォッチの接客-Youtube動画更新しました-
      kasuga (05/15)
    • セイコーとある時計店に関する記事を見て考えたこと。
      カネゴン (05/14)
    • セイコーとある時計店に関する記事を見て考えたこと。
      貴ブログのファン (05/13)
    • ガイヤの夜明け(高級時計戦争)を見ながら時計屋夫婦が話したこと。
      カネゴン (05/02)
    • ガイヤの夜明け(高級時計戦争)を見ながら時計屋夫婦が話したこと。
      とんぬら (04/29)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE