小さな時計屋のアラフォー女性店長 金子のブログ

マニアックな中古時計・アンティークウォッチの買取・販売・修理のお店ケイアイウォッチ&金子時計店。
<< 時計職人になるために、神田川の歌詞を体現した当店の技術者。 | main | セイコーの古いカタログの楽しみ方。 >>
ガイヤの夜明け(高級時計戦争)を見ながら時計屋夫婦が話したこと。
0

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

    ---------------------------------------------------------------

    時計初めてのお客様へ時計

    マニアックな中古時計・

    アンティークウォッチ 買取・修理・販売のお店

    “ケイアイウォッチ” 女性店長のブログです女性

    金子時計店の長女、

    国家資格・2級時計修理技能士取得。

     

    ノモスやエポス、オーガストレイモド、レビュートーメン、

    オリエントなどのマニアックな時計、セイコーやオメガなどの

    アンティークウォッチの買取が一番の喜びです。

     

    YouTube小さな時計屋のアラフォー女性店長

    ツイッター金子時計店@小さな時計屋のアラフォー店長

    ホームページケイアイウォッチホームページ 

    ホームページ金子時計店ホームページ

    メールmail@ki-watch.com

    ---------------------------------------------------------------

     

    4月24日に放送されたガイヤの夜明け、セイコーとウブロの特集をご覧になった方は多いと思います。

    僭越ながら、私たちなりに考えたことや思ったことを書いてみたくなりました。

     

     

    まず紹介されたセイコーミュージアムに展示されているローレルオリジナル。

    これは、2000年にヒストリカルコレクションとして、人気の4S手巻きキャリバーを搭載して限定1000本の復刻↓が発売されました。

    最近は単価を高くするためか、復刻と言えばGSやダイバーがほとんどですが、こうゆう復刻もまた是非だして頂きたいです。

     

    今は、このローレルを意識したプレサージュならでていますね。

     

    ウブロのマーケティング。

    その国でメジャーなスポーツの選手を起用します。

    ヨーロッパではサッカー、日本では野球なので今はこのお二人。

     

     

    次に舞台は、セイコー雫石とスイスウブロの工房。

    ご覧の通りスイスは時計技術者さんたちが平均的に若めでカジュアルで

    スイス有名メーカーのスイス研修に行かれた先輩方のお話しを思い出しました。

     

    日本の時計技術者さんといえば、ほとんどが男性で営業さんみたいに清潔感のある外見でピシッとされているイメージですが

    スイスでは女性も多く、髪の毛がパンクロッカーみたいに爆発していたり、耳中ピアスだらけとかも普通にありえるとおっしゃっていました。

    ウブロの工房ではそのよう方は映っていませんでしたが

    イヤホンで何か聴きながら仕事されている姿に、日本にはないカジュアル感がでてるなぁと思いました。

     

     

    セイコーの工房。

     

    このシーン。

    デザイナーさんと技術者さんが「初めまして。」とおっしゃっていたのがすごく意外でした。

    同じ時計を作り上げるのに、顔を合わさずの意見交換はあったのかもしれませんが

    私だったら、どちらの立場だったとしても、もっと早い段階から実際に会っておきたいなと...だって330万!の時計ですし。

     

    主人は、テンプが太いのと、女性技術者さんのピンセットが太いのが気になってました。

     

     

    高級時計のテンプはだいたい細めでスッキリしていて、太いと中級機や普及機のような印象を与えることがあります。

    さらに言えば、セイコーのこのテンプの色が高級機械に比べると若干安っぽく見えてしまうのでもったい気がします。

     

     

     

    上がベテラン技術者さんのピンセット、下が工藤さんのピンセット。

    ベテラン技術者さんのピンセットの方が細く、実際に先が細い方がやりやすいです。

    技術者さんはだいたい既成のピンセットの先を自分がやりやすいように加工されています。

     

     

    机に測定器が計5台あるのも目につきました。

    奥にあるワイン色の機器がそれで、機械の状態を数値で確認します。

    だいたい一人一台です。ちなみに一台30万以上します。

     

    工藤さんの時計は、セイコールキアの自動巻き。2本お持ちのようです。

     

     

    そしてセイコーの偽物。

     

     

    江口さんは、比べても表側からはほとんど分からないとおっしゃっていましたが、結構分かります^^;

    まず仕上げが全然違っていて、本物はヘアラインとポリッシュのコンビですが、偽物は全面ヘアライン。

    仕上げも丸みを帯びていてシャープさがありません。

    次にリューズ。波々した凹凸のある加工が偽物は浅くボヤッとしています。

    お客様の中にも、オークションで買ったセイコーが偽物だったとおっしゃっる方がいらっしゃいます、お気をつけ下さい。

     

    私たち時計屋夫婦は、ガイヤの夜明けを見ながらこんなことを話していました。

    ---------------------------------------

    ツイッター登録ありがとうございます!

    ピンポイントですが、たまにこんなお役立ち情報も投稿したりします。

    まだご覧になられてない方は是非登録お願いします(^^)

    https://twitter.com/ki_watch

     

     

    にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

     

     

    | 金子時計店&ケイアイウォッチ | 時計について | 23:30 | comments(2) | - |
    はじめまして。

    いつも楽しく拝見させて頂いております。。。
    私もこの番組をリアルタイムで見ていました。。。

    天輪裏の片錘取りが2か所しかないのに驚きました。(゚д゚)!
    凄い工作精度なんだなって…。

    流石は世界のセイコーって大感心です。。。
    ただ、地板があまりにもスッキリしすぎていて、せめてペルラージュくらい入れてくれてもって思いました。。。 笑)
    | とんぬら | 2018/04/29 11:45 PM |
    いつもご覧いただきありがとうございます!
    正直そこまで気づきませんでした、細かいところまでお気づきでいらっしゃるし、すごく詳しくていらっしゃいますね!工作精度は高そうですね。
    まだ第1作目なので、次回からのアップグレードに期待したいです^^
    | カネゴン | 2018/05/02 8:34 PM |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE